為替で稼ぐ

初めての投資

投資というと、とかく怖いもののように考えられがちですが、でも何もしなくても将来に向けての年金制度の動向や大企業の突然の業績悪化やリストラなんかを見てると不安は募るばかりだと思います。
では、「はじめての投資」ということで考えていきます。

 

なぜ、今、投資なのか?
そんななかで、とびきりのセレブな生活は送れなくても、ちょっと余裕が持ってみたいなと思ったり将来に向けての貯えをしていきたいと思っている方は多いと思います。
もちろん、本業がある程度しっかりしていての投資かともと思いますが、やはりリスクの分散や将来のためにも投資を始めてみてもいいように思います。

 

投資と一口にいっても、株式投資や今流行りのFx等いろんなものがあると思いますが、投資で食べていこうとかではない一般の方にとっては、一番大事なことは大怪我をしないことです。
そう考えると、まずはおこずかいで始めるとか少し節約して残ったお金で少しずつはじめていくというのが、入口としては入りやすいですし、将来に繋がっていくと思います。
昔は、銀行に預金さえしておけば利息もついて、後年金もベースとして何とかやっていけた時代だと思います。

 

投資事始めとしてはどんなものがいい?
例えば、投資信託ならば少額から始めることもできますし、それぞれの投信のなかでもリスクを極力抑えた設計のものもあります。
それで、毎月知らない間にたまっていって資産が増えていって、それで少しでもお小遣いにまわせたりしたら非常に余裕がある暮らしができると思います。

 

また、株式投資でも、もちろん今はどんな企業でも「一寸先は闇の時代」かもしれませんが、利回りや単に株価の上下という点からは目立たないけれどもしっかり日本に根を下ろして、なくてはならない企業も沢山あります。
こういった企業の株主になって、目先の株価の上下には左右されずに長い目で見ていく、そしてそのうえで、配当や株主優待などを生活の中で利用していくということも可能です。
例えば電鉄会社ならば、乗車券等がついてくることもありますから、自分で旅行などに使っても、あるいは金券ショップなどで換金してもプラスになっていきます。

 

このように、投資というと根こそぎ持っていかれそうなイメージがあるかもしれませんが、そうではなくて、身の丈にあった投資方法もあるので、とにかく検討してみることもいいと思います。